プーアル茶の実態について

プーアル茶はよく飲まれているお茶ですが、とても健康に良いと知っていましたか?何気なく飲まれているお茶ですが、知らないうちに健康を保っていたのです。今回はプーアル茶の魅力についてご紹介します。私たちが普段飲んでいるお茶は、緑茶、紅茶、プーアル茶が代表的です。さて、この3つにはどんな違いがあるのでしょうか?それは発酵の違いです。緑茶は発酵を全くさせず、若いお茶です。それに対して紅茶は完全に発酵をさせた、熟しきったお茶といえます。そしてプーアル茶は発酵を調節して作る、半発酵の状態です。この半発酵で作られたプーアル茶にはナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウムが微量含まれていますが、ほんの微量であるためほとんど効果を発揮しません。反面、タンニンやポリフェノールは豊富に含まれています。このポリフェノールはがん予防、血圧上昇の抑制、抗菌・抗ウイルス作用などの効果があります。タンニンには、抗酸化作用、下痢予防などの効果があります。そして、プーアル茶の独自の成分としてプーアル茶ポリフェノールという成分があり、これは食事として摂取した脂肪の吸収を阻害する役割があります。ふつう、食べたものは体内で分解されて小さくなり、腸などの消化器官体の中へと吸収されていく仕組みとなっています。しかし、プーアル茶ポリフェノールが脂肪を分解する酵素の働きを邪魔することで分解せず、吸収されないまま体外へと排出されます。このようなことから、プーアル茶は油物の食事と一緒に飲まれているのです。この効果を利用して、最も良い飲み方は、脂肪分の多く含んだ食事の際に飲むことです。低カロリーな食事のときや、脂分をあまり使っていない料理を食べるときにはあまり意味がないので食事内容によってお茶を飲み分けることをお勧めします。プーアル茶を飲みすぎてしまうと、カフェインの大量摂取につながり、夜に眠れなくなってしまったり、胃腸に負担がかかってしまうこともあるので気を付けましょう。いかがでしたか?プーアル茶の知られざる効果効能を知ることができたかと思います。メリットがたくさんあるプーアル茶を、ぜひ、生活に取り入れてみてください!